888110043

ボクを食べないキミへリュウジさんがさば缶ほうじ茶メシを紹介

食事
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

ボクを食べないキミへリュウジさんがさば缶ほうじ茶メシを紹介

 

 

 

ボクを食べないキミへリュウジさんがさば缶について紹介することがあります。

美味しく食べることができて健康のために良いということで注目されています。

★サバ缶ほうじ茶メシつくりかたについて


簡単に作ることができるので非常に効率が良くて美味しく利用することができます。

「サバ缶ほうじ茶メシ」のレシピ

<材料>
さばの水煮(缶詰) 1缶
米 2合
ほうじ茶
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2
しょうが(せん切り) 10g
細ねぎ 適量

<作り方>
1.炊飯器の内釜に洗ったお米、さば缶の汁、めんつゆを入れて、
ほうじ茶を内釜の2合分まで入れる。
2.さばの身としょうがを入れて炊く。
3.器に盛り、細ねぎをのせて完成

★サバ缶について

サバ缶健康ために非常に良いということが注目されています。

サバ缶を利用することでカルシウムやビタミンd取ることができるということで注目されています。

缶詰というのはカルシウムを骨まで食べることができるので柔らかく食べることができます。

血管や脳や骨に良いということが言われていますので、血圧管理などにも非常に良い結果が出ています。

 

さば缶を利用することで、食材を忘れて食べることができますので、美味しく利用することができます。

特に血流が良くなるということがあるので、健康管理のスーパーフードになっています。

 

私が今利用しているのはさば缶の水煮利用することが多いです。カレーライスに入れると美味しく利用することができますので、クセがないのでとても喜んでいます。

★ダイエット対策として


ダイエット対策としても利用する事が出来てストレスや睡眠不足など生活環境改善することができるのが人気ですね。

サバ缶を利用することでこれからさきの健康考えると効率が良く、さらに価格が安いというのは注目です。

保存期間が長いというのも自宅に置いておいても便利に利用することができますね。

★日本人に血管疾患が多い

日本人の死亡原因に結果による死亡が多いということが揺れています。

心臓疾患
脳卒中

というのが置いて言われていますので血液が流れが良くなることでこれを予防することができるということになります。

生活習慣両を改善するためにも、普段の食生活に、簡単に食べることができるのが便利です。

ふたを開けるだけですぐに食べることができるのが便利ですね。

EPAたくさん配合されていますので、イワシやマグロなどについでサバが多いということがあります。

100G当たり1,200ミリグラム程含有しているので美味しくしっかりと栄養あることができます。

 

★最後に

サバ缶ほうじ茶メシとして美味しく利用することができますが、缶詰だけでも健康管理をすることができるので試してみてはどうでしょう。

食生活を少しでも改善するために新しいメニュー作りなども利用することで、 NHKでも紹介されるようになっています。

ボクを食べないキミへ紹介されたことですが、いちど使ってみて食生活を楽しくしておきたいものです。

美と若さの新常識菌活で体が変わる発酵食品お酢のスゴイ効果
美と若さの新常識菌活で体が変わると注目されています。特に発酵食品は話題で、新たにとっては非常に良い当たり供することができるということです。

 

タイトルとURLをコピーしました