不発弾処理で失敗ばかり?死亡した人はいるのか

日記
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

不発弾処理で失敗ばかり?死亡した人はいるのか

 

戦争中の不発弾が発見されるというケースは時々テレビで見かけることがあります。

テレビで見かけていなくてもどこかで不発弾処理をやっている自衛隊の方がいると言われています。

不発弾処理をしている自衛隊の人が死亡したという人はいないのか気になります。

不発弾処理は失敗をしないのか

★不発弾処理は失敗する?

頑張って自衛隊の人が不発弾処理をやってくれているわけですが失敗をしたというケースは見当たらないお湯ことがあるようです。

 

不発弾処理のケース

平成26年  1379箇所
平成27年  1392
平成28年  1379
平成29年  1611
平成30年  1480

こんなに不発弾の処理をしているケースがあるようです。

本当に戦争をしている間はいろいろなことがあるようです。

★不発弾の処理はまだまだ続く

 

戦争中の不発弾というのがまだまだあるということが言われています。

幸い事故がないということで問題はないでしょうが、いつ辛くもくれません。 。

工事をしているときに爆発するケースが今のところないようですが子供が爆発されてしまうケースは過去にあったようです。

 

海外で不発弾の処理をしている人もいると言われていますが、手榴弾、地雷などのトラブルも抱えている国がいるのも不安になりますね。

 

不発弾処理をするときにはたくさんの人が避難をしなければならないケースがあります。

知らないで近くに不発弾が残っているかもしれませんね。

 

★不発弾処理で死亡している人が

 

不発弾処理で死亡している人は今のところ見つかっていません。

万が一不発弾処理で死亡した時はどうなるのか

 

そのようなときには基準があるようです。
しかし金額が少ないということもいわれていますから、このような人に対策は必要かもしれないですね。

 

★最後に

 

自衛隊による不発弾処理は本当に感謝しなければなりません。

万が一自分の土地に不発弾がある場合、自分で処理をすることができないのでやはり自衛隊の方にお願いしなければなりませんね。

 

災害の時にも自衛隊の方が来てくれるということがありますが、不発弾処理だけに限らず最近では自然災害の問題もあるので、 感謝してお願いしなければなりませんね。

 

藤井聡太が久保利明に負けた?王将リーグで結果が注目されている
藤井聡太vs 久保利明王将リーグが気になってしまいます。商社はだれなのか気になりますね。結果が気になって

 

タイトルとURLをコピーしました