納豆のおすすめトッピング※あれを入れると健康にいいのはこれ

納豆 食事
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

納豆のおすすめトッピング※あれを入れると健康にいいのはこれ

納豆

納豆が体に取って良いということが言われています。納豆が大好きという人と大嫌いという人がいるわけですが、何が嫌いかと言うと

においが大嫌い

ということがあるようです。

 

私も大好きな方ではありませんが、どちらかというとにおいの少ない納豆を購入をしてしまいます。

 

★納豆食べるトッピングいれますか。

 

納豆食べる時にトッピングをすることがあるか気になりますね。

市販のものを購入すると

納豆のタレ
醤油
からし

などが普通側に付いています。

これがあるので一応使っているという人が多いと思います。

 

★納豆にも旬

大豆

納豆は収穫されるのが11月から12月と言われています。

その後1~3月にかこうされて納豆がおいしくなります。

 

★おいしいときはいつ

 

納豆に賞味期限というのはありますが、賞味期限が過ぎても食べることができます。

ただ賞味期限が切れているとなんだか食べたくなくなるということがありますが

発泡スチロール容器であれば8~10日
経木では10日~14日

ということがあります。安全に食べるためには賞味期限までに食べることが大切です。

納豆は日数がたつと再発行することでアンモニア臭を発生することがあります。
食べるときにはアンモニア臭がしていると美味しく食べることができないということでやり賞味期限内に食べることが必要になります。

 

消費期限ではなくて賞味期限内に食べることが大切です。

★納豆は健康にいい。

納豆食べることで脳こうそくなどの予防対策をすることができると言われています。

納豆キナーゼ

という酵素が働きますので、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる血栓が押さえられると言われています。

 

★さらに納豆おすすめのトッピングは何か


納豆をそのまま食べるという人もいますがご飯に混ぜて食べるという人もいると思います。

 

この時にトッピングをする人もいない人もいると思いますが人気のものは何か

ねぎ

オクラ
大根おろし
海苔
山芋
ごま

 

などを入れる人も多い通ります。

特にネギが50%程度入れている人が多いということがあるようです。

 

★料理納豆入れる人も

 

納豆

納豆だけを食べるということではなくて料理の中に納豆入れる人もいるようです。

お好み焼き
カレー
餃子の中に入れる

このようなことをやっている人もいるようです。

 

何を混ぜてもいいですね。

もずく

キムチ

トマト

納豆チヂミ

 

などを作ってもおいしく食べることができます。

最近では色々な料理を作るときに混ぜる人が増えていますので、メニューが非常に増えています。

使って悪いメニューというのはありませんので、自分が食べたい好みの味を作って料理をすることがおすすめです。

 

いろいろな料理に使うことで、においを減らすことができる対策をすることができます。

 

★どれだけ混ぜる

 

30~50回くらい混ぜる

 

程度混ぜることが良いと言われています。

ミツカンでは1万回混ぜることでネバネバがなくなったということがあるようです。それほど混ぜる必要は無いですが、ある程度混ぜることで非常に健康のために良い状態になると言われています。

 

★納豆好みでトッピングをすることが良い

こだわらなくても良いのですが納豆トッピングをすることが、健康のためにもとても良いことになります。

例えば

ねぎ

入れることで、ビタミンをとることができたり、体を暖かくする働きもあります。

生でとることで栄養素をしっかりと取ることができますので多めに取り入れるにメリットがありますね。

加熱しないでネギをとるほうがいいですね。

ねぎを食べることで風邪の予防対策もすることができるということが言われています。

 

納豆が血行良くすることがありますので、血流がよくなるので脳に元気を作ることができるようになります。

 

ネギ特有の強い香りの成分は硫化アリルがあります。強力な殺菌作用と鎮静効果というのがありますから、リラックス効果もありますね。

 

ビタミンB1の吸収を助けるということがありますから、体の疲れを解消することができます。

  • 風邪にもいいということが言われています。
  • 肩こりや疲労回復にも効果
  • 消化液の分泌を促す働き

 

ということがあるのでとてもいですね。

 

  • ビタミンC(白い部分に多く含まれる)
  • βカロテン(主に緑の部分に含まれる)
  • カルシウム(主に緑の部分に含まれる)
  • アリシン(ねぎの独特な匂いのもと)
  • ネギオール

こんな栄養があります。健康管理にいいのが魅力です。

味噌汁としてメニュー入れるというのも健康管理に非常にプラスになります。

毎日利用してもトラブルを起こすことがなくて、煮物などに使うことで食べるケースもありますね。

 

ネギにもいろいろな種類がありますが、やっこねぎというのも美味しく納豆に入ることができると思います。

地域によって食べるの種類が違うと言われていますので、白ネギというのも納豆に相性は非常に良いのでオススメです。

★最後に

 

納豆食べるときには自分で美味しく食べる時期をすることがおすすめです。

 

その中でもネギを利用している人が多いと言われていますので、やはり1番相性が良いということがありますね。

 

ネギの種類もありますので、小さくしっかりすることで納豆と相性が非常に良いので利用する価値は非常にあります。

 

ヨーグルトの袋入り砂糖※なくなった真相があるその真相がすごい
ヨーグルト 袋入り砂糖 ヨーグルトの添付砂糖※なくなった真相があるその真相がすごい ヨーグルトの添付砂糖なくなりましたがなぜなくなったのか気になります。 ヨーグルトが体に良いということで利用している...

 

 

タイトルとURLをコピーしました